バストアップ効果バツグンのエクササイズ

バストアップを目指す女性の多くは、バストアップ効果があるとされるマッサージやエクササイズを行ったことがあるかもしれません。
胸を正しい方法でマッサージしたり、エクササイズを行ったりすると、血の巡りが良くなり、リンパの流れもスムーズになります。
そのため、バストにとって大切な栄養素も運びやすくなり、バストアップに重要な役割のある女性ホルモンを、乳腺にまで届けてくれるのです。
このようなことから、バストアップに効果があるとされるマッサージやエクササイズは、とても意味のあることだと言えます。

胸の前で両手の手の平を合わせて、思いっきり左右から力を加えて押す、というエクササイズを続ければ胸が大きくなる、という話を効いたことありませんか?
このエクササイズは、昔からバストアップに効果があると言われてきましたが、実は、胸を大きくするよりも、大胸筋を鍛える効果の方が大きいのです。

胸を大きくさせるのに重要なことの1つは、“姿勢”です。
普段から姿勢が悪い人は、胸を小さくする原因を自ら作っているのです。
悪い姿勢は血液の循環を悪くし、体の冷えを招くので、ホルモンの分泌が減ってしまいます。
特に、「肩甲骨」が上がっているなどズレが生じていると、胸の位置も正しいところで支えることができなくなり、乳腺も成長してくれなくなってしまうのです。

そのため、肩甲骨のズレを改善することができれば、ホルモンの分泌が促進されたり、バストの形をきれいに戻したりすることにつながるので、肩甲骨とバストアップはとても関係が深いのです。
それでは、肩甲骨を正しい位置にしてバストアップさせるエクササイズの方法を紹介します。

1、両手を左右の肩に置いて、そのまま肘を大きく前に10回回します。
2、同じようにして後ろ回しも10回行います。
3、次に、腰に左右の手を当てて、肩を上下に動かす運動を10回行います。
1~3のエクササイズを、1日に3~5回くらい行うように心がければ、肩甲骨が正しい位置に戻るようになります。
気持ち良く感じるくらいがちょうど良いので、今すぐにでも大きな胸を手に入れたいからといって、必要以上にやりすぎて筋肉や関節を傷めないように注意しましょう。

また、悪い姿勢を矯正するエクササイズも紹介します。

1、左右の二の腕を床と平行になるようにし、肘を90度に曲げて、二の腕の筋肉を見せる時のようなポーズをとります。
2、そのまま腕を背中の方へゆっくりと動かして広げていきます。
3、次は腕を前へゆっくりと動かします。
この動きを繰り返すことで、姿勢が矯正されるのと同時に、血行も良くなります。
イメージとしては、肩甲骨を広げたり縮めたりするような感じで行いましょう。
このエクササイズは、筋肉を鍛えて姿勢を正すだけでなく、胸や背中の周りについている脂肪を落とす効果もあるので、体全体がすっきりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です