バストアップには良質な睡眠が必要

女性の胸は、9割が脂肪で残りの1割が乳腺で作られています。
胸は、乳房の中にある大切な乳腺を守るために、脂肪分がクッションとなって支えている状態なのです。
そのため、内側に張り巡らされている乳腺が発達すれば、その周りの脂肪分も増え、バストが全体的に大きくなるのです。

バストを大きくするためには乳腺を発達させることが大切、といわれていますが、そのためにはどうすれば良いのでしょう?
それに大きく関わっているのが、「女性ホルモンの分泌量」です。
乳腺が発達するには、女性ホルモンを活発に働かせることが重要なのです。

女性ホルモンの分泌には、普段の生活や食事が大きく関係していると考えられています。
そのため、毎日規則正しく生活し、栄養バランスのとれた食生活をすることが必要です。
また、バストアップのために特に大切なことは、質の良い睡眠をとることです。

睡眠時間が不足すると、成長ホルモンの分泌が不足してしまいますが、そればかりではなく、女性ホルモンのバランスも乱してしまうのです。
ホルモンのバランスが乱れていたり、健康に問題があったりすると、バストに対しても良くないのです。
とても疲れていたり、睡眠不足で眠くてしょうがなかったりする時と、ぐっすりとよく眠れてすっきりと目覚めることができた時、自分の胸を触ってみてください。
胸のハリ具合が全く違うことがわかるくらいです。
このことからも、美しいバストを手に入れるためには、良質の睡眠を心がけることが、とても大切だということがわかるでしょう。

それでは、良質の睡眠とは、どのような睡眠のことでしょう?
まず、質の良い睡眠とは、ただ寝る時間を多くとれば良い、ということではありません。
「就寝時間が遅くなったから、翌日はお昼まで寝て、睡眠時間をたくさんとろう」という考えは間違いです。
こういった場合には、睡眠のバランスが狂ってしまい、逆に睡眠の質は悪くなります。

睡眠の質をアップさせるには、いつも眠る時間帯を同じくらいにすることです。
でも、就寝時間をいつも同じにする、ということでは不十分で、理想的なのは、就寝の時間帯になったら自然と眠くなってくる、という睡眠のリズムが体に備えることです。
そのリズムを整えるには、いつも朝起きる時間を同じにすると良いです。
いつも寝る時間が同じでも、朝起きる時間が違っていては、日によっては夜眠れなくなってしまいます。
そのため、毎日朝起きる時間を決めておき、自然と夜寝る時間になると眠たくなるようなリズムを作りましょう。

また、できるだけ毎朝同じ時間に、カーテンを開けるなどして、朝日を浴びるようにしましょう。
人は、「メラトニン」という睡眠ホルモンが分泌することによって、眠たくなると言われています。
メラトニンは、朝日を浴びると分泌が止まるので、眠気もすっきりするのです。
そして、メラトニンは、分泌が止まってから17時間後にまた分泌が始まるようなので、朝日を決まった時間に浴びることで、同じ時間帯に眠くなるという睡眠のリズムが自然と整うようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です