バストアップには、自分の胸に合ったブラジャーが重要

女性の胸の形は、年齢とともに形や大きさが変化するので、サイズが変わったと感じた時に、その胸にぴったり合ったブラジャーを着用することが大切です。

しかし、ブラジャーを買う時に、事前に自分の胸のサイズを測ったり、試着したりしてから買う女性は、とても少ないようです。
多くの女性が、「自分のサイズはだいたいわかるから」「わざわざ計るのは面倒」と、これまでと同じサイズのブラジャーを購入しているようです。
でも、バストは常に形が変化しているので、胸に合っていないブラジャーを着けていることになります。
この状態は、バストアップにも健康にも悪影響になるのです。
それでは、ブラジャーの正しい選び方やバストアップ効果について説明します。

まずは、ブラジャーをする意味を知りましょう。
ブラジャーは、胸の形をキープする役割があるので、サイズがぴったり合って始めて美しいバストをキープすることができるのです。
胸に合っていないブラジャーを着用していると、胸の脂肪がわき腹や背中の方へ流れてしまいます。
そうなると、胸の形が崩れて、トップの位置が低く下がり、全体的に胸が小さく見えるようになるのです。
また、小さいブラジャーを着けていると、血液の流れを圧迫することになるので、胸が成長できなくなってしまうことも考えられます。

胸に合わないブラジャーを着用し続けることは、バストアップには大敵ということがわかりましたよね?
自分の胸に最適なブラジャーを着用すると、胸のサイズが1.5倍くらい大きく見えると言われています。
しかも、大きく見えるだけでなく、健康に関しても良い効果があるのです。

サイズの合わないブラジャーによって、胸の脂肪が背中やおなかの方へ流れると、体全体のバランスが悪くなり、背中に痛みが起きたり肩こりが起こったりすることもあります。
サイズの合ったブラジャーを着用すれば、そのような不調が起こることもありませんし、健康的で美しいボディになるのです。

サイズの合ったブラジャーを購入するためには、胸を正確に計測することが大切です。
そのためにもっとも良い方法が、下着専門店の店員さんに採寸してもらうことです。
ただ、自分の胸の正しいサイズがわかったからといって、そのサイズのブラジャーを選べば良いというわけではないのです。
胸は大きい小さいだけでなく、形も人によってさまざまあるので、サイズだけで選ぶと微妙にフィットしないこともあるのです。
もし、店員さんに勧められたブラジャーに違和感を得たら、その感覚を必ず伝えれば、あなたの胸に最適なブラジャーを選んでくれるはずです。

このように、ブラジャーが自分の胸に合うかどうかは、とても重要な問題です。
ブラジャーを買い換える時は、簡単に選んでしまうのではなく、十分に計測してから選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です